トップページ > 日本WHO協会について

日本WHO協会について


 WHO (世界保健機関) 憲章の前文では、「健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあることを言います。」と定義しています。健康を維持するためには個人だけでなく社会的にも取組む必要があります。

 WHOは健康や医療に関する科学的、技術的情報を最も蓄積している国際機関です。1965年に設立された日本WHO協会は、WHOが実施している活動や有益な情報を多くの方に広く知っていただくことにより、健康増進に寄与することをめざしています。WHO憲章の精神に基づくセミナーなどの啓発広報活動、健康に関する調査研究、国内外の健康の向上につながる人材育成、グローバルな企業や団体・個人との連携や協力、活動に資するための募金などをおこなっています。

 2012年に公益社団法人となり、民間企業、医療関係者、大学や教育機関、NGO/NPO、学生組織など、多くの団体・個人と協働するなかで、積極的に社会的な活動を行ってきました。とくに最近は、将来国際保健医療分野で活躍が期待される若い人材を育てる活動にも力を入れています。

 皆さま方のご協力をお願いします。