トップページ WHOを知ろう > 世界保健デーとそのテーマ

世界保健デーとそのテーマ

世界保健デーとそのテーマ

WHOは1948年4月7日に第一回総会が開催され、設立されましたが、そのことを記念し、1950年以来、毎年4月7日が世界保健デーとして定められました。世界保健デーのテーマは毎年変わり、その時点において世界的に重要であり課題性のある健康に関する事項に焦点を当てて、関心を高め対策行動への契機とするために設定されます。

2001年 mental health : stop exclusion , dare to care
2002年 move for health
2003年 shape the future of life
2004年 road safety
2005年 make every mother and child count
2006年 working together for health
2007年 international health security
2008年 protecting health from climate change
2009年 save lives . make hospital safe in emergencies
2010年 urbanization and health
     「進行する都市化と健康を考える」
2011年 antimicrobial resistance : no action today no cure tomorrow
     「薬剤耐性の脅威 今動かなければ明日は手遅れに」
2012年 ageing and health : good health adds life to years
      「高齢化と健康  健康であってこその人生」
2013年 Control your blood pressure : control your life
     「血圧管理の重要性:心臓疾患・脳卒中のリスクを減らそう」
2014年 Vector-born diseases : small bite, big threat
      「節足動物が媒介する感染症から身を守ろう」
2015年 Food safety : How safe is your food?
      「食品安全:あなたの食べものはどれくらい安全ですか?」
2016年 Diabetes
      「糖尿病」

「 」内は、我が国での世界保健デー啓発のために厚生労働省が発表した日本語スローガンです。
当協会でも、毎年その年の世界保健デーテーマに関連して、ウェブサイト広報や機関誌特集、セミナー開催等の啓発活動を行っております。


平成27年11月16日
公益社団法人日本WHO協会事務局