トップページ > イベント情報

イベント情報

世界保健デー2011のテーマが決まりました


 WHOの設立記念日である4月7日は、毎年、世界保健デーとして世界各国で祝われています。
そこでは、その年にWHOが重点的に取り組む課題をテーマとして選定発表され、その課題克服のための
様々なキャンペーンが行われます。

2011年世界保健デーのテーマは、薬剤耐性の問題に焦点を当て、
  Combat Drug Resistance 〜 No action today, no cure tomorrow 〜
と決まり、その公式日本語訳も
  薬剤耐性の脅威 〜今動かなければ明日は手遅れに〜
とすることが、3月31日厚生労働省ホーム頁より発表されました。

WHOの発表(英文)は http://www.who.int/world-health-day/2011/en/index.html

WKCの発表(日本語)は http://www.who.or.jp/whd2011j.html

厚労省の発表は http://www.mhlw.go.jp/bunya/kokusaigyomu/sekaihoken_day.html

 人類が病気を克服しようとしてきた歴史は、細菌やウィルスと薬との闘いの歴史でもあります。
多くの薬が開発され広く使用されるようになった現代、乱用や誤使用などによる薬剤耐性のリスクも
増大しており、多剤耐性菌の院内感染問題などを含め、薬剤耐性の脅威への対策を急ぐ喫緊の必要が
あることから本年度のテーマに採りあげられたものです。

 一般の人たちには、ちょっと難しく馴染みのないテーマかも知れませんが、日本WHO協会としても、
皆さんに関心と理解を深めて頂くための取り組みを進めたいと考えています。

 なお、当協会が来る4月7日の世界保健デー当日に、東京ビッグサイトにて計画いたしておりました
「日本WHO協会世界保健デー2011記念イベント」については、東日本大震災に伴う諸事情により
中止させて頂きました。

平成23年3月31日
社団法人日本WHO協会