トップページ > イベント情報

イベント情報

交通安全対策にもWHOが活躍

私たちはWHOの活動分野を保健医療分野に限って考えがちですが、実は交通安全に関しても、命にかかわる
健康課題のひとつとしてWHOが活躍しているのです。既に世界人口の半分以上は都市に居住するように
なりましたが、とりわけ途上国において今後も急速に都市化が進行していきます。
そんな中で、交通事故による死傷者も増加の一途をたどっており、世界では毎日3000人以上の命が失われて
います。道路の安全を確保することは、人類の健康にとって緊急に対策を講じるべき命題となっているのです。
WHOが主導して、今年3月2日には国連で2011〜20年の10年間で交通事故から5百万人の命を救おうという目標を
掲げた「交通安全のための行動の10年」宣言がなされ、5月11日にはWHOから各国政府に対して交通安全対策強化
の呼びかけが行われ、世界各地での「行動の10年」キャンペーン活動がスタートしています。
WHOがコーディネータとなった組織UNRSC(The United Nations Road Safety Collaboration)がこの活動を推進して
いくこととなっています。

「交通安全のための行動の10年」についてはこちら(英文)
http://www.who.int/roadsafety/en/

「西太平洋地域事務局WPROのリリースはこちら(英文)
http://www.wpro.who.int/media_centre/press_releases/pr_20110509.htm

平成23年5月26日
社団法人日本WHO協会事務局