トップページ > イベント情報

イベント情報

10月13日は世界視力デーです

毎年10月の第2木曜日(今年は13日)は、WHOが定める世界視力デーです。

予防や治療が可能な視力障害を2020年までになくそうと1999年に国際失明予防機関IAPBと合同で開発された「VISION2020:The Right to Sight」プログラムの意義を啓発する目的で設けられ、ライオンズクラブなどが中心になって世界各地で視力関連のイベントが行われます。

我が国ではこれより早く1947年に中央盲人福祉協会が10月10日を「目の愛護デー」として定め、厚労省が中心になった啓発活動も行われています。

混同があるかもしれませんが、この時期に併せて、自分自身の目の健康のこととともに、世界には今なお予防や治療により治るべき多くの失明者や視力障害者が対策支援を待っていることに思いを馳せて頂く意義は大きいのではないでしょうか。

詳しくはWHOホーム頁のこちら(英文)から

平成23年10月3日
社団法人日本WHO協会 事務局