トップページ > イベント情報

イベント情報

8月1日から1週間は世界母乳育児週間です

 1990年、WHOとユニセフ(国連児童基金)は母乳育児の保護・促進・支援の必要性を「イノチェンティ宣言」として
発表しました。これを記念し、毎年8月1日から7日は「世界母乳育児週間」と定められ、120カ国以上の国で母乳
育児を奨励するさまざまな催しが行われています。

■母乳育児を促進する必要性
 WHOは生後6カ月まで完全母乳育児を行い、その後は適切な食事を補いながら2歳かそれ以上まで母乳を続ける
ことを推奨しています。完全母乳育児とは、水やそれ以外のものを与えず母乳のみで育てることをいいます。
この背景にあるのが、栄養不良と子どもの死亡率の関係です。

 世界で毎年死亡している5歳未満児の数は約800万人。その9割以上が開発途上国に暮らす子どもたちです。
そしてその死亡の3分の1が、直接的または間接的に栄養不良に起因しています。乳児の栄養や免疫力の面で、
母乳は最も優れた食事といえます。しかし、生後6カ月間の完全母乳で育てられている子どもはまだ3割程度という
状況です。

 また、完全母乳育児は感染症で亡くなる130万人の子どもの命を救うことができるともいわれています。これは
感染症を予防する他の方法よりも効果的であるという報告があります ( Hibワクチン予防接種 4%、殺虫剤処理をした
蚊帳の使用 約7%、6カ月間の完全母乳育児とそれ以降11カ月までの母乳育児 13% ) 。
(Bellagio Child Survival Study Group. "How many child deaths can we prevent this year" Lancet 2003)

 この他にも多くの効果が母乳にはあるので、国や環境にかかわらず、母乳育児は小児の成長にかけがえのない
方法であると世界で認められています。

■母乳育児をサポートするために
 しかし、母乳育児はさまざまな誘因によって妨げ
られます。途上国では母乳をあげるお母さんは多く
ても、知識不足や風習、就業などの理由から、早い
時期から水や人工乳、離乳食等をあげてしまいます。
日本でも96%の妊婦さんが母乳で育てたいと考え
ながら、生後3カ月の母乳育児率は38%という残念な
調査結果があります ( 厚生労働省「平成17年度乳幼児
栄養調査」 ) 。
@bobbypallphotography.com

@bobbypallphotography.com




 WHOとユニセフはサポート強化を図り、すべての国の産科施設に対し 『母乳育児成功のための10カ条』 を
呼び掛け、これを遵守し実践している産科施設を 「赤ちゃんにやさしい病院 ( Baby Friendly Hospital ) 」
として認定しています。

<母乳育児成功のための10カ条>
1. 母乳育児の方針を全ての医療に関わっている人に、常に知らせること
2. 全ての医療従事者に母乳育児をするために必要な知識と技術を教えること
3. 全ての妊婦に母乳育児の良い点とその方法をよく知らせること
4. 母親が分娩後30分以内に母乳を飲ませられるように援助すること
5. 母親に授乳の指導を十分にし、もし、赤ちゃんから離れることがあっても、
   母乳の分泌を維持する方法を教えてこと
6. 医学的な必要がないのに母乳以外のもの、水分、糖水、人工乳を与えないこと
7. 母子同室にする。赤ちゃんと母親が1日中24時間一緒にいられるようにすること
8. 赤ちゃんが欲しがるときに、欲しがるままの授乳を進めること
9. 母乳を飲んでいる赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないこと
10.母乳育児のための支援のグループ作りを援助し、退院する母親に、
  このようなグループを紹介すること

 1年に1回、母乳の意義を確認し、 「最低6カ月間は完全母乳で育て、子どもを健やかに育てましょう」 と
呼びかける世界母乳育児週間に、途上国でもいろんなイベントが行われています。日本でもこの機会に
多くの人が母乳育児に関心をもってもらいたいとおもっています。

■ケニア・ケリチョー県の母乳育児推進活動と保健ボランティアの役割
 NPO法人HANDSは、首都ナイロビから250km程離れたケリチョー県で、母子保健ケアの改善をめざした活動を
しています。
 ケニアでは乳児死亡率が依然高く、低出生体重児も多いことから、生後6カ月間の完全母乳育児を推進してきました。 そして活動開始時の2009年にわずか5%だった完全母乳育児率は、2011年には33.9%まで上昇しました。村のお母さんたちへの啓発は、地域の母乳育児推進サポートメンバーが中心となって行ってきました。HANDSのプロジェクトの主人公は住民たちです。そんな彼らの活動の成果が発揮される最大の機会が世界母乳育児週間でした。ケリチョーの田舎でもたくさんの人が参加して大々的なキャンペーンがおこなわれ「赤ちゃんには、母乳だけで十分。お母さんの母乳育児をみんなで支えよう!」というメッセージが高らかに響きました。

 そして、さらに多くの赤ちゃんとお母さんの健康を守るために、2012年2月からは「保健ボランティア」を育成する活動を始めました。
 保健医療施設から遠く離れた農村部では、病気にかからないことがとても重要です。住民からの健康相談に応じ、母乳育児をはじめ、妊産婦健診や予防接種、衛生指導など、幅広い保健啓発活動を実施し、病気の予防方法を伝える人たちが必要とされています。
HANDSは、保健ボランティアから住民たちへ、子どもの健康や妊娠・出産に関する知識が伝わり、お母さんと子どもたちがより健やかに暮らしていけるようになることを目指しています。

2011年8月母乳育児週間キャンペーンの様子_ケニア・ケリチョー県キプシテット

WHOの世界母乳育児週間 ( World Breastfeeding Week ) の詳細
http://www.who.int/mediacentre/events/annual/world_breastfeeding_week/en/index.html

NPO法人HANDS 
http://www.hands.or.jp/


平成24年7月24日
社団法人日本WHO協会 理事
NPO法人HANDS 代表理事
中村 安秀