トップページ > イベント情報

イベント情報

認知症が増え続ける

WHOが4月11日発表したところでは、今、世界全体で認知症患者が35.6百万人にのぼり、2030年には2倍、2050年には3倍、1億人を超してしまう見通しです。しかも、現状でもその58%が低・中所得国の人々で、その割合も2050年には70%以上に増えていくとしています。認知症の治療と介護にかかる莫大なコストの今後の増大という視点からも、放置できない人類の健康への脅威として深刻に受け止められ、早期診断充実、公共認識向上、介護者供給面の提言が行われています。

詳しくはWHOホームページのこちら



平成24年04月12日
公益社団法人日本WHO協会 事務局