トップページ > イベント情報

イベント情報

健康日本21(第2次)告示

7月10日厚生労働省から「健康日本21」を引き継ぐ国民健康づくり対策の基本方針が、大臣告示として発表されました。来年4月から10年間の運動に適用されるものです。
国民健康づくり対策は、WHOの提唱するヘルスプロモーションの考え方をベースに発展してきたものですが、この度の告示で「国民の健康の増進の推進に関する基本的な方向」として定められた下記の5項目においても、健康格差や非感染性疾患NCDなどの語句採用をはじめ、その方針制定の背景や根拠にはWHOの施策や取組みが色濃く反映されたものとなっています 。
1. 健康寿命の延伸と健康格差の縮小
2. 生活習慣病の発症予防と重症化予防の徹底 (NCDの予防)
3. 社会生活を営むために必要な機能の維持及び向上
4. 健康を支え、守るための社会環境の整備
5. 栄養・食生活、身体活動・運動、休養、飲酒、喫煙及び歯・口腔の健康に関する生活習慣及び社会環境の改善

日本WHO協会でも、WHO関連情報の提供等の活動とともに、この健康日本21の趣旨に沿って、私たち自身の身近な健康増進のための啓発活動にも注力して参りたいと考えております。

健康日本21 (第2次) については厚労省ホームページのこちら

平成24年07月20日
公益社団法人日本WHO協会 事務局