トップページ > イベント情報

イベント情報

8月19日は世界人道の日

日本では、お盆の仏教行事に加え、広島・長崎の原爆犠牲者や戦没者の慰霊祭など祈りの機会が多い8月ですが、国際的にも8月19日は、人道支援活動の中で尊い命を落とされた活動家たちを悼む記念日となっています。
2003年8月19日イラク・バクダッドの国連事務所が爆破され、セルジオ・デ・メロ国連事務総長特別代表をはじめ多くの人々が犠牲となる痛ましいテロ事件がありました。
災害、疫病、貧困、飢餓に苦しむ人々を救うために最前線に赴き活躍する人道支援の活動家たち。感謝されることはあっても恨まれることはないはずと思われていた人道支援活動がテロの標的にされたショックは大きいものがありましたが、多くの人道支援の現場はテロに限らず治安、2次災害、衛生環境等極めて過酷かつ危険な中で今日も続けられています。
2008年から、毎年8月19日を世界人道の日World Humanitarian Day とすることが国連で決められ、WHOを含め人道支援活動を行う多くの団体が中心となり、人道活動の意義を広め犠牲となった活動家を悼むイベントが各地で行われます。


詳しくはWHOホーム頁のこちら

平成24年08月10日
公益社団法人日本WHO協会 事務局