トップページ > イベント情報

イベント情報

アーバンハート評価報告書

社会、経済及び環境の変化が健康に及ぼす影響とそれらの保健政策への反映について研究しているWHO健康開発総合研究センター (WHO神戸センター、WKC) では、このたび都市における健康の公平性評価・対応ツール (Urban HEART) の試験的導入に関する独自評価を実施し、評価報告書を発表しました。
アーバンハート (Urban Health Equity Assessment and Response Tool) は、都市部の健康格差の評価・対応のため、既存のデータを社会経済グループごと、及び地理的領域または居住区ごとに細かく分化して分析、都市内及び都市間の健康格差を特定・解析し、格差低減のために採用すべき戦略や対策を明らかにするツールとしてWHOで開発されたものですが、2011~12年にインドネシア、イラン、ケニア、モンゴル、フィリピン、スリランカ、ベトナムの15都市で、このツールの試験導入に関する独自評価を実施した結果が今回の評価報告書にまとめられており、それぞれ異なる状況にある都市の評価結果は今後ツールの活用を検討する自治体に対し、より適切な支援を行うための重要な資料になるであろうとされています。

アーバンハート評価報告書はWKCホームページのこちら (英文)

アーバンハートについてはWKCホームページのこちら (日本語)

平成25年5月10日
公益社団法人日本WHO協会