トップページ > イベント情報

イベント情報

グローバル結核レポート2013

このたび、WHOはグローバル結核レポートの2013年版を発表しました。
2012年の結核患者数は推計860万人、死亡者数は推計130万人と減少傾向の中にあり、2015年に1990年比で死亡率半減を掲げるミレニアム開発目標の実現に向かって結核対策の一定の成果を認める一方で、未だ推定300万人の患者が医療保健システムの網から漏れて診断・治療の対象から外れていることや、多剤耐性結核MDR-TBに公衆衛生危機として対応する必要があることなど、なお大きな課題が存することを指摘し、課題に対処し2015年までに結核対策の実効を加速するための5つの重点アクションを提言する報告書となっています。WHOホームページからダウンロードすることも出来ます。

グローバル結核レポート2013はこちら (英文)
発表に当たってのニュースリリースはこちら (英文)

平成25年10月28日
公益社団法人日本WHO協会 事務局