トップページ > イベント情報

イベント情報

日本WHO協会フォーラム「節足動物媒介感染症」開催の御案内

2014年世界保健デーのテーマには「節足動物媒介感染症」がとりあげられました。国内でもマダニによる重症熱性血小板減少症候群SFTSの症例が増えつつあります。マラリアやデング熱等についても、人々の海外勤務や旅行の機会は益々増大しており、気候変動等による疾患流行地域の広がりも相まって、今後罹患リスクが高まってくる実情にあります。
「ベクター伝播疾病」 (注) とその予防についての正しい知識をお伝えし、世界保健デーテーマ選定の意義や背景をふくめWHOへの理解を深めて頂くためのフォーラムです。企業、健保組合、行政の健康啓発関係者や一般市民の皆様のご参加をお待ちしております。
日時:平成26年6月13日 (金) 午後1時30分〜3時30分
場所:大阪歴史博物館 4階 第1研修室(大阪市中央区大手前4-1-32) 地図
テーマ: 「 節足動物が媒介する感染症から身を守ろう 」
演題と講師:
「世界保健デーテーマの意義」   日本WHO協会 理事長   関 淳一
「地球規模マラリア根絶への挑戦」  大阪市立大学教授・カロリンスカ研究所教授 金子明 氏
「海外帰国者の感染症罹患の現状」 大阪市立総合医療センター感染症センター部長 後藤 哲志 氏
参加費:500円( 資料代 ) ( 申込先着順 定員80名 ) 参加の申し込みはこちらから
後援 大阪府医師会・大阪府歯科医師会・大阪府薬剤師会