トップページ > イベント情報

イベント情報

エボラ出血熱

西アフリカでは、エボラ出血熱が急速に広がり、死者も100人を超え、WHOはじめ国際組織による緊急対応が行われていることが、ニュース等でも話題になっています。
エボラ出血熱 (Ebola haemorrhagic fever 現在WHOではエボラウィルス疾患Ebola virus disease EVD と呼称しています) 、オオコウモリが自然宿主と考えられているエボラウィルスが引き起こす感染症です。
90%にもなる高い致死率で、有効な治療法やワクチンが未だ開発されていないこともあって、一部には恐怖感をあおるような報道も見られますが、感染は主として、血液、体液、排泄物等との濃厚な直接接触によると考えられており、冷静に正確な情報を把握しその推移を注視していく必要があると思われます。

エボラ出血熱に関する情報はWHOホームページのこちら (英文)

日本語での海外感染症情報は厚労省検疫所ホームページのこちら

平成26年4月15日
公益社団法人日本WHO協会 事務局