トップページ > イベント情報

イベント情報

自殺予防に関する報告書

WHOが取り組んでいるのは、病気だけではなく、「肉体的、精神的、そして社会的にも、すべてが満たされた状態」としての健康を実現するための幅広いテーマであり、40秒ごとに一人の生命が失われていく「自殺」も重要テーマのひとつとなっています。
2003年WHOと国際自殺予防学会がストックホルムで共同開催した世界自殺予防会議の開催日を記念して9月10日が世界自殺予防デーとされ、世界各国で様々な啓発キャンペーンが展開されますが、この度、WHOでは自殺予防に関する報告書「自殺を予防する:世界の優先課題 Preventing suicide: A global imperative 」を発刊し、全世界的に自殺を減らすための協調を呼びかけるニュースリリースを発表しています。
先進国の中では高い自殺率の日本で、様々な自殺予防施策が講じられてきた効果が出つつある状況についてもWHOホームページで特集記事として紹介されています。この報告書作成に当っても日本の経験を生かすべく協力しており、日本語版も同時に発刊されダウンロードすることができます。

自殺予防報告書はWHOホームページのこちら (英文)

発刊に当ってのニュースリリースはこちら (英文)

日本の自殺予防取り組み紹介記事はWHOホームページのこちら (英文)

WHOファクトシート「自殺」は当協会ホームページのこちら (日本語)

平成26年9月8日
公益社団法人日本WHO協会 事務局