トップページ > イベント情報

イベント情報

世界保健デー2015 テーマは「食の安全」


WHO創立記念日に当たる4月7日は、世界保健デーとして、毎年、世界各国が協調し重点的に取り組むべき健康課題がテーマとして選定され、その啓発活動が世界的に展開されます。今年2014年テーマは、Vector-borne diseases 「節足動物が媒介する感染症に気をつけよう」で、近年高齢化や生活習慣病関係のテーマが続いた中で、久しぶりに感染症に焦点を当てたテーマとなりましたが、その後日本でも蚊が媒介するデング熱が発生して大騒ぎしたり、西アフリカのエボラ出血熱の広がりが世界的な脅威となっているなど感染症対策への警鐘は時宜を得たものとなりました。
この度、来年度世界保健デー2015のテーマとして Food safety 食の安全が選定されたことが発表されました。食料供給のグローバル化の進展によって、食の安全を確保するためには、各国単位ではなく世界各国の連携協力の中で取り組まなければ実効を上げることができない時代になっていることを背景に、テーマとして選定されたものと思われます。

世界保健デー2015についてはWHOホームページのこちら (英文)

食の安全に関するWHOファクトシート日本語版はこちら

平成26年11月21日
公益社団法人日本WHO協会 事務局