トップページ > イベント情報

イベント情報

糖類摂取量に関する新ガイドライン

この度、WHOは「成人及び子どものための糖類の摂取に関するガイドライン」Guideline on sugars intake for adult and children を発表しました。
このガイドラインは、肥満や虫歯予防に焦点をあててNCD非感染性疾患を減らす目的で、遊離糖類free sugarsの摂取量を総エネルギー摂取量の10%未満とすること強く推奨strong recommendationするとともに、更に成人で1日当たり砂糖小さじ6杯程度となる5%未満とすることがより利点があると勧めるconditional recommendationもので、昨年3月には原案を公表し広く意見聴取していたものです。
遊離糖類Free sugarsとは、グルコースやフルクトース等の単糖類、スクロースや砂糖等の二糖類など食品や飲料の加工調理で加えられるもの、並びに蜂蜜、シロップ、果汁、濃縮果汁などに自然に存在する糖類をいいます。

新ガイドラインはWHOホームページのこちら (英語)
発表に当たってのリリースはこちら (英語)

「健康的な食事」のファクトシート日本語版はこちら

平成27年3月5日
公益社団法人日本WHO協会 事務局