トップページ > イベント情報

イベント情報

若者の難聴リスクに警鐘


3月3日は「耳の日」ですが、世界的にもWorld Hearing Day として聴覚の健康に関するキャンペーンが行われ、今年は「子どもの難聴」がテーマとなっています。
WHOは報告書を発表し、難聴の子どもは3200万人にのぼり、遺伝的原因によるもののあるが、風疹、麻疹等の感染症や出生時合併症など予防可能な原因によるものが60%を占めるとして、予防戦略を進めること、早期発見と早期介入をはかることを呼び掛けています。

子どもの難聴に関するWHOの報告書はこちら (英語)

発表に当たってのWHOのNotes for media のこちら (英語)

「難聴と聴力障害」のファクトシート日本語版はこちら

平成28年3月2日
公益社団法人日本WHO協会 事務局