トップページ > イベント情報

イベント情報

薬剤耐性へのアジアの取組み


4月16日東京で、WHO西太平洋地域事務局(WPRO)が日本政府や国連食糧農業機関(FAO)などと共同主導し、中国、韓国、オーストラリア、フィリピンなどアジア地域12カ国の保健担当閣僚による会議が開催され、薬剤耐性の問題が公衆衛生上の脅威であることへの共通認識の下に、薬剤耐性問題に関する国の行動計画策定に取り組むこととする共同声明が採択されています。行動計画の重点事項としては、問題意識向上の啓発強化、抗菌耐性感染症サーベイランス強化、各セクターでの抗生物質使用の適正化推進、研究投資促進などが挙げられています。

詳しくはWPROホームページのこちら(英文)

平成28年4月20日
公益社団法人日本WHO協会 事務局