トップページ > イベント情報

イベント情報

日本WHO協会 フォーラム「うつ病:一緒に話そう 」 開催のご案内

日本WHO協会 フォーラム「うつ病:一緒に話そう 」を開催致します
WHO世界保健デーの今年のテーマは「うつ病」(スローガン;一緒に話そう)です。
今回、WHOがうつ病を取り上げた背景や日本の現状、一般市民が知っておくべき事柄などについて、WHOでもご活躍されていた精神科医の杉浦寛奈先生にご講演をいただきます。
「うつ病」は誰もが陥る可能性のある気分障害です。世界で3億2000万人、我が国では500万人を超える人々(共にWHO推計)がうつ病により心の苦痛だけでなく、その人本来の能力を発揮できず、又、家族や友人との人間関係の破綻や失業、そして最悪の場合は自殺への道という苦しみを経験しています。 WHOは、うつ病は当事者を入れて家族や友人などの回りの人々や保健医療の専門家が症状等について一緒に話し合うこと、薬の上手な使い方により、極めて効果的に予防、治療が可能なことを挙げています。
  市民の皆様、職場関係者の皆様、医療関係者の皆様のご参加をお待ちしております。
         記
日時:平成29年6月21日(水) 午後1時30分〜3時30分
場所:大阪市立大学文化交流センター ホール(大阪駅前第2ビル 6階) 地図

演題と講師:
 『 世界と日本と自分のうつ病 』
      東京大学大学院医学系研究科精神保健学  杉浦寛奈先生
   資料代:1,000円 ( 申込先着順 定員100名 ) 参加の申し込みはこちらから
後 援(予定): (一社)大阪府医師会、 (一社)大阪府歯科医師会、 (一社)大阪府薬剤師会、
          大阪薬業クラブ助成事業

ご案内のチラシ
平成29年4月6日
公益社団法人日本WHO協会 事務局