トップページ > イベント情報

イベント情報

必須医薬品モデルリスト


WHO Model list of essential medicines WHO必須医薬品モデルリスト(EML)が改訂されました。EMLは、医薬品入手の困難な開発途上の国々でも最小限必要な医薬品を手頃に入手できることを念頭に選定され、医療援助等の指標ともなっているもので、1975年のWHO総会でコンセプトが承認されて1977年に初版が発表、以来改訂が重ねられ、今回改定は第20版となっています。
発表リリースによると今回改定では、薬剤耐性菌の発生を防ぎ抗生物質の有効性を保つために抗生物質の使用に関する助言が付されており、また、がん、C型肝炎、HIV、結核の医薬品が追加されています。

EML改訂について詳しくはWHOのニュースリリースのこちら(英文)

平成29年6月7日
公益社団法人日本WHO協会 事務局