トップページ > イベント情報

イベント情報

世界肝炎デー2018

7月28日は世界肝炎デーです。
B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性肝炎の感染者数は3億2500万人と推計され、年間134万人が亡くなっているなど世界の重大な健康課題の一つとなっています。
  ウイルス性肝炎の蔓延防止には、世界的レベルでの正しい知識と予防意識の啓発や患者・感染者に対する差別・偏見の解消が必要との観点から、2010年のWHO総会で、肝炎啓発キャンペーンのための記念日「世界肝炎デー」が制定され、2011年より実施されています。
  長期間症状を示さないこともあるため受診率の低さが肝炎対策の障壁となっていることを踏まえ、今年のテーマは’Test. Treat. Hepatitis’ 「肝炎の検診を、治療を」として、検診、治療の範囲を広げるための啓発キャンペーンが展開されます。
世界肝炎デーについて詳しくはWHOホームページのこちら(英文)
B型肝炎に関するファクトシート日本語版はこちら
C型肝炎に関するファクトシート日本語版はこちら

平成30年7月13日
公益社団法人日本WHO協会 事務局