トップページ > イベント情報

イベント情報

コンゴ民主共和国のエボラ終息

コンゴ民主共和国は7月24日、エボラウイルス病の流行の終息を宣言しました。
WHOのテドロス事務局長は、「アウトブレイクは、地元チームの不断の努力、パートナ―の支援、寄付者の寛大さ、そして保健省の効果的なリーダーシップによって封じ込められた」と述べました。
  WHOは5月8日の発症から数時間以内に緊急事態基金から200万米ドルを投入し、現場での能力を増強するためチームを配置し、緊急事態管理システムを立上げました。。
  テドロス事務局長は、エボラに対するこの効果的な対応は、コレラやポリオなどの他の主な流行にも取り組みことができることを政府やパートナ―に確信させるものだと言いました。
この記事の詳細についてはWHOホームページのこちら(英文)
エボラ流行について詳しくはWHOホームページのこちら
エボラウイルス病のWHOファクトシート日本語版はこちら

平成30年7月24日
公益社団法人日本WHO協会 事務局