トップページ ライブラリ > ニュースリリース

ニュースリリース

WHOのリリースタイトル 一覧

WHO本部発表のニュースリリース

ご覧になりたい年号をクリックしてください。

2011年
・タバコパッケージに図案による警告を_WHOが各国に呼びかけ
・男性同士での、また両性セックスをする人々に一層のHIVサービスを
・産婦、新生児の命を救うためにさらなる助産婦の増加が必要
・国際公衆衛生に対する2011年ゲイツ賞をWHOが受賞
・ボランティア献血が増加_命を救う
・10億人以上の障害者が日々の生活で困難に直面:世界の最新レポート
・HIVの治療を受ける患者は660万人に、しかし大多数がまだ必要
・世界タバコノーデーにWHOタバコ抑制基本枠組み会議を祝う
・第64回世界保健会合が多くの議決を行って閉幕
・多くの国で感染症と慢性病の脅威
・道路での障害・死亡抑制に世界が協調
・非伝染性疾患(生活習慣病)による死亡が増大、途上国で深刻
・インフルエンザ流行に世界的準備の改善が合意
・2009年に260万人の死産
・世界保健デー2011年
・多剤耐性結核ヘの強力な対処にパートナーが要請
・有害な飲酒による健康への害の低減に行動が必要
・WHOがマラリア治療法を守るために緊急行動が必要と警告
・3年にわたる研究で妊婦、新生児、子供の死亡を減少させるカギとなる介入が判明
・マラリアによる死亡は減少 しかし進捗は危ういまま
・HIV対策における世界の足並みは揃っていないが持続的投資は活発
・結核に対する財源不足の結果をWHOが警告
・世界の空気浄化への取り組み
・生活習慣病(非伝染性疾患)の流れを抑制する低コストの解決策:WHOの新しい
研究の詳細
・UNICEFとWHO:1990年に比べ2010年では子供の一日の死亡数は12000人減少
・WHOは世界各国の生活習慣病の傾向をマッピング
・新生児の死亡は減少したが世界の子供の死亡になお大きな比重
・人道援助を強化する心理学的応急措置の新ガイド
・新しいオンライン栄養戦略で何百万もの子供の健康と命を守ることができる
・WHOの事務局長はサーリアムドナルドソンを患者の安全のための特命大使に指名
・WHOが活動性結核の不正確な血液テストの使用に警告
・WHOはより多くの国がタバコパッケージに大きくてグラフィックな健康への警告を
要求するよう求める
2010年
・マラリア対策が国際目標に進捗
・WHOが結核の迅速テストを支持
・画期的な新しい髄膜炎ワクチンがアフリカの大流行一掃に期待
・すべての国が公衆衛生の財源を強化してより多くの人がサービスを受けられるよう
WHOが期待
・世界各国がタバコ産業に団結してタバコ抑制手段に賛同
・ケアをする人々のケアについて
・WHOはマラリア流行国に対し抗マラリア薬の効果をモニタリングするよう要請
・都市部で貧困と疾病の結びつきが明らかに
・市長および国家指導者が都市の健康に対する行動計画を表明
・アフリカがポリオ抑制の機会
・熱帯病の抑制は可能:WHO
・新しい行動計画が結核根絶への基盤を構築
・WHOが精神・神経障害(疾病)に対する治療を簡素化
・HIV/AIDSサービスに対するアクセスが多くの途上国で可能
・ヘルスセクターにより洪水の影響を受けたパキスタンの600万人を治療、今なお困難
が継続
・メンタル障害をもつ人々を忘れてはならない
・母親の死亡は三分の一減少
・WHOは耐性菌に対する戦いを各国に要請
・パキスタンの洪水による衛生問題にWHOが対応
・WHOと国際オリンピック委員会が健康なライフスタイルの改善について合意
・WHOが子供のHIV予防、治療に新しいアプローチを提唱
・500万人以上がHIV治療を受ける
・国際専門家会議が食物中のメラニンレベルを制限
・WHOが高齢者に優しいグローバルネットワークを立ち上げ
・小児用医薬品の使用に関する新しいWHOのガイドライン
・世界のポリオ対策2010-2012年戦略計画が策定
・世界献血デー
・WHOが煙草の害から女性と女子を守る呼びかけ
・第63回正解保健会合
・有害な飲酒を減らす行動を呼びかけ
・子供の死亡に関するミレニアム開発目標達成に不可欠な新生児によりよいケアを
・WHO事務総長が韓国を訪問
・公衆衛生に必須の都市計画
・クレイグデービッドが結核の戦いに参戦
・薬剤耐性の結核がこれまでで最多
・安全な水へのアクセスが改善。衛生はさらに努力が必要
・WHOが治療と治療薬確保のための新マラリアガイドラインを公表
・アフリカがポリオ流行に対して団結
・WHOがハイチ地震による公衆衛生問題の先頭に
2009年
・マラリア対策の進展は公衆衛生に対する開発援助を反映
・アフガニスタンが新しいポリオワクチンを世界で初めて使用
・世界人口のわずか5.4%のみが包括的なタバコ規制法の恩恵
・結核患者3600万人が治癒
・世界のはしか患者は78%減少、しかし再流行の兆しも
・新HIV推奨事項は健康を改善し、感染を17%減少させて命を救う
・黄熱病ワクチンのキャンペーンがスタート
・WHOが女性と女子の健康改善をヘルスセクターに要請
・肺炎による子供の死亡の減少
・グローバルヘルスリスクの低減により未熟児の死亡を減少
・子供へのワクチン接種は過去最高しかし不公平さが残る
・自然災害から病院を守れ
・下痢による子供の死亡を減少
・400万人以上のHIV陽性患者が救命治療中
・若い世代で交通事故、自殺、母親の状況が主要な死亡原因
・糸状虫症の根絶は可能
・非伝染性疾病(生活習慣病)と闘う新しいネットワーク
・30以上の食品安全基準を採用
・糸状虫症に対する新薬をアフリカでテスト
・災害から学校、病院を守る呼びかけ
・幹線道路における犠牲者の通行人、サイクリスト
・公衆衛生における公平実現は進歩の指標である
・ロタウイルスワクチンの世界的使用を推奨
・タバコパッケージに絵による警告を要請
・WHOが国際協力で表彰される
・WHOとIAEAが途上国のがん制圧に協力
・黄熱病ワクチンの備蓄に資金的基盤促進を
・ナンシーグッドマンブリンカーが親善大使に
・世界保健会合が終了
・国連、WHOのトップがワクチン製薬メーカーと会合
・世界保健会合がインフルエンザ流行を懸念して開催
・マラリアの撃退により持続的な方法へ向け、各国が揃う
・国連各機関は250万ドルの拠出でチェルノブイリ記念を実行
・マラリア診断キットは性能にばらつき
・ザンビアでマラリアによる死亡が66%減少
・世界保健デー:緊急時における病院を安全化する
・WHOはジェットリーを親善大使に任命
・子供のメンタル障害を知らしめる必要性
・各国保健大臣は薬剤耐性結核に対する努力を加速
・HIV関連の結核による死亡はこれまでの予測を上回る
・子供の下痢についてさらなる研究が必要
・薬剤耐性化でマラリア抑制の成功も元の木阿弥?
・ジンバブエのコレラ流行抑制にグローバル規模、各国家で緊急の努力集中が必要
・UNICEFからWHOに小児用薬剤の研究資金を供与
・チェックリストは術後合併症や死亡を減少させる
2008年
・保健衛生の問題がジンバブエのコレラ流行を悪化
・予防できる傷害により毎日2000人の子供が死亡
・専門家がメラミン摂取の許容レベルを設定
・世界のはしかによる死亡が74%減少
・多くの人びとにとって必須医薬品はまだ手の届かないところにある
・自発的検査と早期の治療はHIVを減少させる
・コンゴに対する医薬品の供給努力
・WHO及びパートナー団体・組織による大規模なコンゴへのコレラ対策支援
・WHOがコンゴ犠牲者に対する支援を得る
・WHOがコンゴに医薬品を送る
・WHOがイエメンの洪水被災地に医療支援を急送
・世界保健レポートがプリマリーケアアプローチへの回帰を要請
・何百万というメンタル障害者が治療とケアを受けられずにいる
・WHOは気候変動と公衆衛生に関する研究日程に合意
・幼児の食物の安全性確保に監視が必要
・電子タバコ販売業者は承認されていない療法の宣伝を中止するべきである
・マラリア抑制は進捗しているが負担もまた巨額である
・配置に対して420万ドルの保健支援が開始
・アフリカ諸国は新しい髄膜炎ワクチンの導入を予定
・アフリカ各国大臣は環境が健康に及ぼす悪影響を防止することで一致
・WHOの委員会報告:不公平が大規模に人を殺す
・西アフリカの洪水で重大な保健衛生の危機
・新しいHIV/AIDSのガイドで各国は広範なアクセスが可能に
・WHOと世界銀行がグローバル規模の投資のよりよい成果を目指して協調
・母子のHIV感染に対して大規模の戦い
・250万人が貧弱な衛生施設で生活
・エチオピアの危機に保健衛生のリスクが加わる
・途上国に対する新しい薬剤耐性結核の迅速テスト
・手術を安全に行うための新しいチェックリスト
・中国とUAEが安全な献血に大きな進歩
・WHOとそのパートナーが保健サービスの復興にスーダンの都市を訪問
・300万人が命を救うHIV薬剤を服用
・WHOはたばこの広告の全面禁止を要望
・ミャンマーのヘルスケアプランに2800万ドルが必要
・世界保健総会でWHOへの大胆な新しい行動を提唱
・世界保健総会が開催
・非伝染性疾患が今や一番の死亡原因
・中国地震の余波で疾病の流行予防が急務
・生理的症状によるAIDS治療の観察が有効
・気候変動が健康の基盤を侵食する
・WHOが公衆衛生サービスに対するノグチ賞を歓迎
・ソマリアからポリオが再び消滅
・貧弱な衛生が公衆衛生を脅かす
・結核診断及びコントロールの進捗は緩慢
・保健衛生の従事者の危機解決に緊急の行動要請:グローバルフォーラム
・薬剤耐性の結核が史上最高との調査
・世界のたばこ抑制努力に関する報告書
・WHOの役員会議は楽観的な基調で開催
・2003年以来イラクで151000人の死亡と推計
・家庭での肺炎の治療は安全で有効との研究結果
2007年
・積極的な結核抑制は大きな経済効果を生む:新しい研究より
・小児用薬剤への努力が強化
・アフリカのはしかが91%減少
・世界のHIV感染が横ばい
・市民登録の促進に新しい動き
・WHOが子供と若年層の健康の記録に新しい基準を公表
・インフルエンザワクチンの供給量が急激に増大と予測
・WHOは気候変動から健康を守るグローバル行動を要請
・母親の死亡率低減は目標に遠い
・事務局長が構造的変革を提唱
・抗結核薬の不足に新たな動き
・高齢者に優しい街づくりの新しいガイド
・患者の安全についての研究の要請
・WHOが小児用医薬品の安全性確保の必要性を強調
・UNITAIDが存立5年の主要な成果を祝う
・前国連平和メッセンジャーがストップ結核大使に
・国連の保健衛生のパートナーが難民となったイラク人に対する基金アピールを表明
・ブルーンバーグファミリー財団が救命道路の安全プログラム支援としてWHOに900万
ドルの寄付
・緊急時における心理学的、社会学的支援を改善する新ガイド
・新しいWHOポケットガイドは心臓麻痺と卒中を予測して命を救う
・WHOがメンタルヘルスのためにさらなる投資を促す
・公衆衛生の基盤を脅かす国際的疾病の広がり
・WHOが殺虫剤処理のカヤについて新しいガイダンスを作成
・イラク難民に対するヘルスケアの供与が合意
・中国とインドがWHOの臨床試験登録システムに参加
・各国は食物の安全強化に合意
・各国政府はドメスティックバイオレンスの予防に進歩
・禁煙環境に関する新しいガイドラインが採択
・最新の推計ではインドで250万人のHIV感染者
・シャガス病根絶の新しい世界的努力
・国連食糧基準委員会が会合
・旅行と血栓に関亜する研究結果を公表
・貧困による疾病に関する新しい戦略が採択
・薬剤耐性化結核の封じ込めの新しい計画
・国際保健法令が発効
・環境要素が健康に与えるインパクトの詳細について国別のデータ公表
・母親の安全な食物へのアクセスを改善する新しい動き
・アフリカ向けの改良された髄膜炎ワクチンにより恐ろしい災禍に終止符の期待
・革新的アプローチで地域の低栄養に挑戦
・WHOとUNAIDSは保健施設でのHIVテストとカウンセリングに関する新しいガイダンス
を発行
・ストップ結核パートナー団体は今後の6年間で1000万人に治療薬を配布
・二次喫煙から守るには100%の禁煙環境が必要
・世界保健会合が終了
・世界の保健衛生団体は黄熱病阻止に動く
・世界保健会合が開催
・WHOは患者の安全に関する9項目を発表
・世界的なH5NH1ワクチン備蓄は可能
・世界ユース会合が交通安全に向けて会合
・道路での事故が若い世代の大きな死亡原因
・WHOは10億人のターニングポイントを記録
・2006年にHIV治療が大きく普及
・暴力がイラクの健康に脅威
・新しいオンラインデータベースが感染症対策に効果
・WHOは世界疾病基準に対してWeb方式のアプローチを採用
・WHOが移植に関する世界のアジェンダを提案
・2007年世界保健デー:国際保健のセキュリティ
・ジャカルタでのWHO会議に引き続きインドネシアはHRN1鳥インフルエンザの
サンプルの共有を再開
・WHOとUNAIDSはHIV予防のために男子の割礼に関して専門家との協議の後で推奨
事項を公表
・最新レポート:世界の結核流行は高止まり状態
・WHO主導の連合体が偽薬防止の技術を検証
・母親と新生児死亡防止のために世界各国の国会議員と活動家が一堂に
・公衆衛生の従事者増大のために国際的取り組みが必要
・WHO報告書:世界で何百万者人々が精神・神経疾患に罹患
・WHO役員会議で世界の保健問題について検討
・子どものはしかによる死亡低減は目標を上回る
・Dr.マーガレット・チャンがWHO事務局長に就任
2006年
・新ワクチンで途上国における子宮頸がんに大きな期待
・チャドで難民と住民が健康とセキュリティの危機に直面
・アフリカの新生児に機会
・WHOとUNICEFがアフガニスタン南部におけるポリオワクチン接種者への安全な
アクセスを要請
・世界のAIDS流行は増大が続く
・アフリカの地域保健レポート
・WHOとパートナーは偽薬への戦いを加速
・手を洗うことで世界人口の半数は安全なヘルスケアが可能に
・Dr.マーガレット・チャンが次期事務局長に
・Dr.マーガレット・チャンが次期事務局長に指名
・アフリカ、インドの結核対策のパイオニアが優れた業績に対して受賞
・リプロダクツヘルスの将来は分かれ目に:グローバル研究から
・WHOとパートナーが無視されてきた熱帯病に罹患した何百万人もの患者の統合的
アプローチを公表
・改良された結核テストに未開拓の大きな世界市場
・インフルエンザワクチンの供給を迅速に増加させるために早急で持続的な行動が
必要
・WHOが子どもに対する暴力は予防できるものであり、予防しなければならないと表明
・UN事務総長の研究で子どもに対する暴力の全容が明らかに
・世界のポリオ根絶は4カ国如何にかかる
・視力テストと眼鏡で視力低下の1億5000万の人々が劇的に改善
・WHOとサノフィアベンティスが無視されてきた熱帯病に対するプログラムを拡大
・世界メンタルヘルスデー2006年:自殺と精神神経疾患のリスクを低減_意識の向上
・大気の質にWHOが挑戦
・オゾン層破壊から子どもの健康リスクを低減する
・WHOがマラリアの抑制のためDDTの室内使用にお墨付き
・アフリカ南部諸国が協力してポリオ根絶へ
・レバノンの病院施設などに相当な被害
・世界の衛生と飲み水の目標が危機に:最新レポート
・WHOが警告:パレスチナの保健省が財政危機に
・WHO親善大使が女性と女子の産科的ろう形成の悪影響を強調
・ヘルメットは命を救う
・資金および動機の高い保健従事者がHIV/AIDSの予防、治療と支援への広範な
アクセスの鍵である
・若年層とHIV_証拠は明白-今こそ行動へ
・性感染症の治療はHIVの予防に役割
・WHO:AIDSと共生する人々の年_百万の結核・HIVの死の4分の1を食い止めるため
に行動を強化する必要
・WHO報告書:サブサハラアフリカにおけるHIV治療は100万人を超える
・WHOはHIV関連医療従事者の不足に対処する新しい計画
・WHOとUNICEFは共同して小児用必須医薬品の不足問題に対処
・レバノンの燃料不足で公衆衛生に大きな脅威
・コーデックスアリメンタリウス委員会は消費者保護と貿易緩和の基準を採用
・リプロダクツヘルスの優先順位と取り組むようトップレベルが後押し
・約4分の1の疾病は環境の暴露による
・世界献血デー2006年
・最新の研究から:女性器切除は出産時の母親と新生児に重大な危険性
・WHOがインドネシアに対する適切な医療供与を要請
・WHO新事務局長は11月に選出予定
・たばこの製品リストの増加抑制に早急な法規制が必要
・地震被災者に医療ケア、安全な水、ワクチン接種が必要
・WHO総会が世界公衆衛生の基本的決定を行って閉幕
・WHO総会が国際保健法令のインフルエンザ条項の即時実施を合意
・医師、看護師その他保健従事者の世界的不足に新しいグローバル強調
・WHO事務局長Dr.リー。ジョンウックの葬儀
・WHO総会事務局長の死を悼んで開会
・WHOがヒトについての全ての研究を登録する新しい基準を公表
・製薬会社が抗マラリア薬であるアルテミシニンの単味剤の販売中止に合意
・各国は大規模結核治療のスケールアップ成功モデルを提供
・よりクリーンな家庭エネルギーへの投資は健康と経済に大きな利益をもたらす
・WHOがHIV/AIDS、結核、マラリアに罹患する子供たちのニーズに対処する特別の
アプローチを要請
・WHOが新しい子供の成長基準を公表
・WHOレポート:世界最悪の原子力事故の健康への影響
・世界保健デー2006年
・知的財産権と革新:途上国が既存および新規のワクチンと薬剤にアクセスできる
ための行動を要請
・アフリカ及び衛生の子交際的専門家が暴力と傷害を抑制するための努力を段階的
に引き上げ
・スーダンの健康が劣化
・過去2年間でHIV療法への世界的アクセスが三倍増、しかし大きな課題も
・経口補液の処方改良で子供の命を救う
・アメリカ大陸諸国、東南アジア諸国及び西太平洋地域で結核抑制目標に進捗
・WHOが世界の結核対策に新ストップTB戦略を立ち上げ
・過去6年間で世界のはしかによる死亡は48%減少
・ベトナムで産婦と新生児の破傷風が根絶
・偽薬:水面下の流行
・革新的寝台薬の基金:ゲイツ財団基金の支援による眠り病の診断薬改良のため
WHOが協力
・各国が世界的な喫煙習慣の動きに対応してタバコ抑制の努力が増大
・世界がんデー:2015年までに800万のがん関連死を防止
・ポリオ流行国は4か国のみに減少
・北米の子供の健康及び環境の指標に関する世界最初の報告書
・HIVデータが示す中国におけるAIDS流行
・WHO役員会で流行を討議
・WHOが抗マラリア薬のアルテミシニン単剤の供与即時中止を要請
・ジュネーブの路面電車がWHOのカラーに
2005年
・新しい結核療法で治療期間短縮
・パキスタンで冬を迎えて保健衛生危機の一層の深刻化
・10億ドルのワクチン予算追加で今後10年間に1000万人以上の命が救える
・生態系の崩壊で人の健康へ脅威
・メンタル障害を持つ人々への人権侵害を終わりに
・医療費が世界の多くの人びとを貧困に追いやる
・鶏肉や卵を適切に調理すれば危険はない
・レソソが世界AIDSデーに大規模なHIVキャンペーンを実施
・WHOは患者安全についての英国の支援を歓迎
・家庭内暴力に関する基本的研究
・数か国でHIVの感染率が低下しかし世界のHIV感染者数は増加
・中央及び西アフリカ諸国で大規模な対策がポリオ流行抑制に奏功
・ワクチン接種の安全性が過去5年間で改善しかし課題も
・世界糖尿病デー:糖尿病で多くの人が下肢を失う
・世界インフルエンザ会議がキーとなる行動を策定し、財政の裏付けの必要性に
ついて合意
・WHOとノバルティスは世界のハンセン氏病患者に治療薬の無料提供
・鳥インフルエンザとヒト流行に対する共通の対処について世界会議
・1999年以来アフリカのはしか患者と死亡数が60%減少
・パキスタン地震による二次死亡回避のため更なる資金をWHOが要請
・暴力防止の世界的取組みに大きな進歩とWHO報告書
・アフリカ第三回AIDSワクチンプログラムフォーラム
・安全な水が命を救う:緊急行動要請
・WHOが世界の患者の安全課題を策定:ヘルスケアにおける手の衛生のガイドライン
を発行
・新しいツールでポリオ根絶の最終段階に移行
・パキスタン地震被災者に保健従事者、衛生的な飲み水、毛布、宿泊設備がなお不足
・WHOが国連に対し南アジア地震の援助として2170万ドルの援助を訴え
・南アジアに対して大規模、緊急の支援が必要:何千人もの人々が被災して緊急の
援助が必要
・WHOが南アジア地震被災者の支援を提供
・マラリアに対して団結:Youssou N'Dourと世界音楽家がヨーロッパステージに復帰
することをマラリア協力団体が歓迎
・過去四分の一世紀で免疫化が強力な実績
・アフリカ各国が食物の安全の改善について会合
・WHO:慢性病の拡大を阻止
・WHOの専門家が国連システムと協力:鳥及びヒトインフルエンザに対して
・WHOが体重過多、肥満の増大に伴う疾病及び卒中の危険増大について警告
・WHOがナイジェリアのマラリアに対して緊急対処を実施
・ソマリアでポリオが確認 アフリカ北東部を守るために緊急の免疫化計画を発動
・世界のパートナーが母親と子供の生存のための緊急行動へ
・WHOが抗マラリア薬の適正な使用を警鐘
・チェルノブイリ:事故の真実の規模
・インドネシアがポリオ流行に対して過去最大規模の免疫化を開始
・WHOがアフリカの結核につて緊急宣言
・インフルエンザ流行に対してWHOに300万人分のオセルタミフル治療薬が供与
・ミレニアム開発目標達成により強力なヘルスシステムの構築がカギ
・急速に変化する世界の健康問題に対して新しいバンコック衛生促進憲章を採択
・WHOがナイジェリアの保健問題に130万ドルの支援を要請
・男子割礼とHIVに関する南アフリカの試験的知見に関してUNAIDSが見解
・国連の食品の安全性と品質基準の委員会が会合
・津波からの回復過程は長期の保健能力に焦点
・現在の遺伝子組み換え食品に恩恵はあるが安全性の評価は継続が必要
・世界のポリオを終結させるためにインターナショナルロータリーの前例のない役割を
WHOが評価
・ソマリアで緊急のポリオワクチンキャンペーンを開始
・第6回世界ワクチン研究フォーラムを開催:多くのワクチン開発候補があるが困難も
持続
・保健開発のための次の10年の使命にWHOと神戸研究所が合意
・6月14日世献血デー:誰でもが人を救える
・子宮頸がん予防ワクチン開発のスピードアップと導入の新しい主導
・WHOが抗マラリア薬の供給を増加させる努力を推進
・2015年までにミレニアム開発目標達成のため20億人に基本的衛生の実現が必要
・WHOが地域のメンタルヘルスに関する最初の国際フォーラム開催を表明
・WHOがタバコ規制に保健従事者に呼びかけ
・世界の公衆衛生に関する主要な決議を行って世界保健会合が閉幕
・世界保健会合で障害者のリハビリの強化を約束
・各国政府は多くの命を救うためのWHOとUNICEFの新しい免疫化戦略を歓迎
・第58回世界保健会合ががん予防と制圧の決議を採択
・世界保健会合が新しい国際保健法令を採択
・世界のヘルスシステムの需要にアクセスするヘルス情報システムの強化に焦点を
当てることに各パートナーが合意
・WHO保健会合が公衆衛生問題への大胆な取り組みをアピールして開幕
・WHOがウイーンフィルハーモニーを親善大使に任命
・世界マラリア対策の進捗と課題の努力に関する初の報告書
・イエメンにポリオ流行が拡大
・業務上の事故と疾病が増加
・母子の命を救う新しいアプローチをWHO報告書が呼びかけ
・エコシステムのダメージは健康に脅威
・アフリカにおけるHIVに関連する結核罹患と死亡状況は危険なレベルに
・チリ大統領とWHO事務局長は疾病の原因の裏に潜む原因と闘う世界委員会を立ち
上げ
・WHO事務局長はLiya Kebedeを母親、新生児と小児のための親善大使に任命
・過去5年間で麻疹による死亡は40%減少
・アフリカの海岸から海岸へポリオ阻止に向けてワクチン対策
・タバコ条約に世界57か国が加盟して発効
・南アジアではポリオ発生が半分に減少
・WHOが津波被災地域で媒介伝染病のリスク増大を警告
・途上国の70万人のAIDS患者が治療を受ける
・2015年の開発計画にWHOが保健衛生に焦点
・WHO役員会が第115回会合
・アフリカの保健衛生のリーダーがポリオ根絶目標達成に誓約
・WHO事務局長が被災地を視察し支援を約束 スリランカが津波からの再建を誓う
・WHOがインドネシアアチェの津波被害への対応を称賛
・南アジアの津波被災地の疾病流行予防に6600万ドルが必要とWHOが訴え