スマートフォン用の画像
 

WHOインターンシップ・サポーターを
募集致します。

将来国際保健医療分野で活躍する意欲と能力のある
若者たちにチャンスを与えて下さい!
サポーターになる

WHOインターンシップご支援のお願い

日本WHO協会では、人材開発事業の一環として、WHOでインターンをすることが決まった方々に対して、インターン期間中の生活費等の負担を軽減するために、申請にもとづき援助を行っています
( WHOでインターンとして職務経験を行う場合、無給で、渡航費や滞在費などの経費は全て自己負担となっています。 )

国際保健医療分野で働きたい、活躍したいと考えている 若い人達は沢山います。 皆様のご寄付によってもっと多くの若者を支援したいと思います。

将来、国際保健医療分野で活躍する意欲と能力のある若者たちが、社会に出るまでに高い志を持って、日本と異なる文化・社会の中に率先して飛び込んでいきます。
無給で働く彼らを少しでも多くサポートをしたい、これが日本WHO協会の願いです。
若者たちにチャンスを与えて下さい。 皆様のご支援をお願いします。

※対象者:当分の間は日本人のみ

背景

「国際保健に関する懇談会」の「国際保健政策人材養成WG」による報告書(2016年)によれば、国際機関における邦人専門職員の現状は以下の通りです。

保健関連国連機関(WHO、UNDP、UNICEF、UNFPA、UNAIDSを対象)において邦人専門職員の増加率は過去4年間でわずか1%であり、これは中国・韓国の45%に比して著しく低い割合です。また、国際保健政策を形成するリーダーポストのうち邦人が占める割合はわずか2.2%です。

そのため、厚生労働省は国際保健に関与する人材の育成に正面から取り組み始め、WHOなどの国連機関や、保健関係の国際機関の日本人職員数を、2020年度までに50%増加させるという目標を提言いたしました。

国際保健政策人材を2020年度までに50%増加させる

国際的組織のおける邦人専門職員の現状   

国際保健政策人材養成WG報告書(概要)

WHOインターンシップ体験記

※所属、肩書は掲載当時のものです。

保健医療人材の一員として -As Member of Human Resources for Health-

牧野 孝俊
牧野 孝俊 Takatoshi MAKINO 群馬大学大学院保健研究科
助教
期間
2013年4月~2013年9月(6ヶ月間)

場所
スイスのジュネーブにある世界保健機関(World Health Organization;WHO)の本部の中にある国際パートナーシップ世界保健医療人材連合(The Global Health Workforce Alliance;GHWA)

内容
  • GHWAにて専門知識の供給のための研究と国際学会の企画運営
  • 人材育成としてのチーム医療教育
  • 国際学会の企画・運営

インターンを経験して、理想を語れる環境、理想を語るための努力、理想を語り合う仲間があるということを実感するとともに、国際機関にしかできない大事な役割があるということを学んだ。WHOは保健・医療に関する国際基準の設定や枠組みの構築、さらに追及するという重要な役割を担っている。そして、その活動を通して援助のあるべき姿や保健政策の方向性を示し、各国政府やJICAの活動を根底から支えているということを垣間見ることができた。これは、筆者の過去の教育経験では体験することが出来なかった内容であり、今後も保健医療人材の一員として、このような多くの影響を与える仕事に携わりたいと思う。 また、今回の研究や国際学会の運営・企画だけではなく、WHOでの日常業務を通して最先端の保健医療人材に対するアプローチを学ぶことができ、モチベーションを高めることができた。…
 

様々な機会と学び

石川 渚
石川 渚 Nagisa ISHIKAWA London School of Hygiene and Tropical Medicine
修士課程所属
期間
2014年2月~2014年8月(6ヶ月間)

場所
フィリピンの首都マニラにある世界保健機関(WHO)WHO西太平洋地域事務局(WPRO)の結核・ハンセン病対策課

内容
  • 西太平洋地域の結核に関する資料作成
  • 様々な機会と学び

私にとってWPROでの経験は全て新鮮で毎日が学びの連続でした。業務終了後もスーパーバイザーは献身的に指導をして下さり、業務に必要な知識とスキルの習得ができました。スーパーバイザー以外のスタッフの方々からも多くのサポートを頂けた為、難しい状況があったとしても前向きに取り組むことが出来ました。…

国際社会の中の"日本の位置づけ"、
そして"日本人としての意義"をしっかり持つことの重要さ

吉田 朋美
吉田 朋美 Tomomi YOSHIDA 群馬大学大学院保健学研究科
准教授
期間
2014年10月~2015年3月(6ヶ月間)

場所
フィリピン、マニラにあるWHO西太平洋地域事務局(WPRO:Western Pacific Regional Office)

内容
  • 背景
  • WHO/WHO西太平洋地域事務局について
  • 保健人材育成と多職種連携教育の現状
  • 今回の研修活動と成果

国際保健機関での研修経験を経て、国際社会の中の"日本の位置づけ"、そして"日本人としての意義"をしっかり持つことの重要さを学んだ。この視点を持つことにより、WHOやその加盟国にどのような貢献や支援ができるのかをしっかり見据えることが出来てくる。またそれと同時に、西太平洋地域事務局があるフィリピン、マニラにて生活し、常に西太平洋地域の最新情報にふれる環境にて研修を行うことにより、各加盟国の現状や何を必要としているのかを正確に把握し、現地にニーズにあった支援・貢献を行うことが重要であると感じている。先進国である日本を始め、オーストラリア、ニュージーランドですでに広がり発展しつつある多職種連携教育を、保健医療人材不足が深刻化している地域に普及させていくことは最重要課題であり、我々の使命である。現在、多様性に呼んだ教育手法を用いているのが現状ではあるが、今後は西太平洋地域に共通する利点や特性を見いだし、まだ教育が開始されていない国々への導入の手掛かりを作る支援が必要であると考える。…

どのような業務においても応用できる経験

山内 祐人
山内 祐人 Masato YAMAUCHI 順天堂大学大学院医学研究科博士課程
期間
2016年2月~2016年4月(3ヶ月間)

場所
フィリピンの首都マニラにある世界保健機関西太平洋地域事務局(WPRO)の結核・ハンセン病対策課

内容
  • 第10回結核対策管理者会議
  • 西太平洋諸国のハンセン病疫学的レビュー
  • ハンセン病におけるQOL評価ツールのレビューとリンパ管フィラリア症とのQOLの比較

今回初めて結核・ハンセン病対策の業務をボランティアとして経験した。今まで熱帯地域におけるフィラリア、マラリア、HIV/AIDS、EPIと様々な疾病対策を経験してきたが、また多くの新たな知見を得られた。3ヶ月間を通して、結核・ハンセン病の様々なデータやグローバルプログラム、疫学的特徴のような疾病対策における重要項目について学べ、また、データ分析や図表を綺麗に見せるコツなどについても非常に多く学んだ。更には、国際機関としての各国の政府機関に働きかける役割、全体で起こっている事を把握し先を読んで立案する重要さを体感した。各国の疾病対策に対するモチベーション向上や国同士の連携の強化の大切さ、大規模の会議を実施する上での工夫・アイデアの重要さも学べた。今回の経験は今後どのような業務においても応用できる経験であると思われる。…
 

医療の質を改善するためのWHOの活動

時田 佳治
時田 佳治 Yoshiharu TOKITA 群馬大学 大学院 保健学研究科 生体情報検査科学講座
期間
2016年10月~2017年3月(6ヶ月間)

場所
WHO本部のService Delivery and Safety(以降 SDS)部

内容
  1. Multidisciplinary team careのエビデンス収集
  2. リベアと日本の 病院間のTwinning Partnership for Improvementfor(TPI)
  3. 資源の限られた国や地域で利用きる医療の質の改善のための技術資源の検索
  4. 患者安全のため多職種連携トレーニングプロラム並びにチームワークコンピテンシーフレームワークの作成
  5. 患者安全のためエキスパートコンサルテーションミーティングやサミットへの参加

WHOでのボランティアとして働いたことで、医療の質の改善のための考え方や世界動向を、実務を通じて知ることができた。また、筆者の専門分野一つである医療の質の改善や最終目的であるUHCの実現ための多職種連携教育や多職種協働の重要性を知ることができた。また、さまざまな国の人たちと一つの目標を共有しながらはたらくことで多くの人と人との繋がりを得ることが出来た。…

応援メッセージ

応援メッセージ

寄付の概要

寄付の名称
WHOインターンシップサポート募金
寄付の使途
日本WHO協会が進めるWHOへの人材貢献推進事業の一環として、WHOにインターンとして登用された個人に対し、インターン期間中の生活費等の負担を軽減するために助成を行うものです。
寄付の対象者
個人/法人 どなたでも
寄付金額
1口5000円から
税の優遇措置
優遇措置についてPDF

よくある質問

Q1
領収書は発行していただけますか?
A1
ご寄付の都度、領収書を発行します。「税額控除に係る証明」も含めてお送りします。

(備考)ご寄付の領収日は、ご寄付のお申込日やクレジットカードのご利用日ではなく、当法人への
ご寄付の着金日となります。クレジットカードによる寄付の場合、お申込み受付日から当協会 に入金されるまで約2か月かかります。領収日付はこの入金日となりますので、確定申告、 寄付金控除等で年内の日付で領収書を必要とする方は、お申込み時期にご注意ください。

Q2
支払い方法は選べますか?
A2
次のお支払い方法が選べます。
  1. ゆうちょ銀行
    ・払込取扱票(赤色)(振込手数料なし)の郵送をご希望の方は、当協会事務局まで お申し付けください。
    ・払込票は郵便局にある青色のものもご利用いただけます(手数料はご負担いただきます)。
  2. 銀行振込
  3. クレジットカードによる寄付
    ご利用いただけるカードは、JCB,Mastercard,VISA,AMERICANEXPRESS,MUFG CARDです。
    詳しくは『クレジットによる寄付金』をご覧ください。
Q3
振込手数料はかかりますか?
A3
ゆうちょ銀行の口座から当協会のゆうちょ銀行 の口座にATMで送金(口座間送金)する場合、月3回まで手数料はかかりません。 また、振込用紙(払込取扱票)をご使用の場合、手数料のかからない払込取扱票(赤色) をお送りしますので、当協会事務局までお申し付けください。
  1. 郵便局(ゆうちょ銀行)
    郵便局に備え付けの払込取扱票(青色)を使用する場合は、恐れ入りますが手数料をご負担ください。
  2. 銀行振込の場合・・・恐れ入りますが振込手数料をご負担ください。
  3. クレジット決済の場合・・・手数料はかかりません(当協会で負担)
Q4
寄付をすると税制優遇は受けられますか?
A4
税制優遇をうけることができます。
当協会は、内閣総理大臣より「公益社団法人」としての認定を受けておりますので、当協会 への寄付金には、特定公益増進法人としての税法上の優遇措置が適用され、所得税(個人)、 法人税(法人)の控除が受けられます。また、税額控除に係る証明を取得しておりますので、 個人の寄付については前記(所得控除)とのいずれか一方を選択いただくことができます。 お送りする領収書、証明書は確定申告の際に必要ですので大切に保管してください。 節税効果につきましては、当協会のWebサイトにある「寄付金による節税効果のシミュレー ション」をご覧ください
Q5
寄付を受けた人の報告はもらえますか?
A5
活動報告を掲載した当協会の機関誌『目で見るWHO』をお送りします。
『目で見るWHO』は、当協会のWebサイトでもご覧いただけます。


TOP