条虫症・嚢虫症

重要事項

  • 条虫症は、条虫(サナダムシ)の成虫によって引き起こされる腸感染症です。
  • 三種の条虫が人の条虫症の原因となります。その3種類は有鉤条虫、無鉤条虫及び広節裂頭条虫ですが、重大な健康障害を引き起こすのは有鉤条虫に限られます。
  • 有鉤条虫症は、加熱不十分な豚肉の中にいる条虫の幼虫嚢包(嚢虫)を人が食べることで感染します。
  • 条虫に感染した人は、糞便中に条虫の卵を排出し、屋外の排便によって環境を汚染します。
  • 人は、条虫に汚染された食物や水の摂取や糞便・経口経路を介した不衛生の結果、有鉤条虫の卵に感染します。
  • 体内に入った有鉤条虫の卵は、人体の様々な器官の中で幼虫(嚢虫と呼ばれる)に成長します。中枢神経系に入るとてんかん発作などの神経症状(神経嚢虫症)を引き起こします。
  • 人々と放し飼いのブタが狭く近接したところで暮らす多くの流行地域では、有鉤条虫がてんかんの30%の原因となっています。
  • 世界中のてんかん患者5000万人の約80%は、低及び低中所得国に住んでいます。

   

本件ファクトシートについては厚生労働省検疫所ホームページの でも全文の日本語訳が公開されていますので、ご参照下さい(改定前)。

厚生労働省検疫所ホームページ :条虫症/囊虫症について (ファクトシート)

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中