沿革

公益社団法人日本WHO協会のあゆみ

第二次世界大戦後の硝煙さめやらぬ1946年7月22日、世界の61カ国がニューヨークに集い、すべての人々が最高の健康水準に達するためには、何をすべきかを話し合い、その原則を取り決めた憲章が採択され、1948年4月7日国連の専門機関として世界保健機関WHOが発足しました。

当協会はこのWHO憲章の精神に賛同した人々により、1965年に民間のWHO支援組織として設立され、グローバルな視野から人類の健康を考え、WHO精神の普及と人々の健康増進につながる諸活動を展開してまいりました。

公益社団法人日本WHO協会のあゆみ

※は世界保健機関(WHO)の沿革

1948年 ※「WHO憲章」が発効し、国連の専門機関として世界保健機関 ( WHO )が発足。
1965年 WHO憲章の精神普及を目的とする社団法人日本WHO協会の設立が認可された ( 本部京都 )。WHO講演会等の事業活動を開始。
1966年 世界保健デー記念大会開催事業を開始。
1968年 「目で見るWHO」発行開始。
1970年 青少年の保健衛生意識向上のため、作文コンクール事業を実施。
1981年 老年問題に関する神戸国際シンポジウムを実施。
1985年 WHO健康相談室を開設、中高年向け健康体操教室を実施。
1994年 海外のWHO関連研究者への研究費助成事業を実施。
1996年 ※WHO 健康開発総合研究センター ( WHO 神戸センター ) 開設。
1998年 京都にてWHO創設50周年シンポジウム「健やかで豊かな長寿社会を目指して」を
実施。
2000年 健康フォーラム2000をはじめ、全国各地でもフォーラム事業を実施。
2006年 事務局を京都より大阪市に移転。セミナー事業を開始。
「高齢化と健康 健康であってこその人生」
2007年 財団法人エイズ予防財団 ( JFAP ) のエイズ対策関連事業への助成を開始。
2008年 事務局を大阪商工会議所内に移転。
2009年 「目で見るWHO」を復刊。
パンデミックになったインフルエンザに対応し対策セミナーを実施。
2010年 WHO神戸センターのクマレサン所長を招き、フォーラム「WHOと日本」を実施。
2011年 メールマガジンの配信を開始。WHOインターンシップ支援助成を開始。
2012年 公益社団法人に移行。世界禁煙デーにあたってWHO神戸センターのロス所長を招き 、禁煙セミナーを実施。
2013年 第5回アフリカ開発会議 ( TICADV ) 公式サイドイベントとしてフォーラムを実施。
2014年 WHO本部から発信されるファクトシートの翻訳出版権を付与される。
2019年 グローバルヘルス研究会「関西グローバルヘルスの集い」開始。

歴代会長・理事長、副会長・副理事長 (在職期間)

日本WHO協会役員紹介一覧表
会長・理事長 中野 種一郎 (1965 – 73)
平沢 興  (1974 – 75)
奥田 東  (1976 – 88)
澤田 敏男 (1989 – 92)
西島 安則 (1993 – 06)
忌部 実 (2006 – 07)
宇佐美 登 (2007 – 09)
關 淳一  (2010 – 18)
中村 安秀 (2018 – )
副会長・副理事長 松下 幸之助 (1965 – 68)
野辺地 慶三 (1965 – 68)
尾村 偉久 (1965 – 68)
木村 廉 (1965 – 73)
黒川 武雄 (1965 – 73)
武見 太郎 (1965 – 81)
千 宗室 (1965 – 02)
清水 三郎 (1974 – 95)
花岡 堅而 (1982 – 83)
羽田 春免 (1984 – 91)
佐野 晴洋 (1989 – 95)
河野 貞男 (1989 – 95)
村瀬 敏郎 (1992 – 95)
加治 有恒 (1996 – 98)
坪井 栄考 (1996 – 03)
堀田 進 (1996 – 04)
奥村 百代 (1996 – 03)
末舛 恵一 (1996 – 04)
中野 進 (1998 – 06)
高月 清 (2002 – 06)
北村 李軒 (2002 – 04)
植松 治雄 (2004 – 06)
下村 誠 (2006 – 08)
市橋 誠 (2007)
更家 悠介 (2008 – 12)
(2012年に廃止)
更家 悠介 (2018 – )
生駒 京子 (2018 – )

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中