WHO協力センター

WHO協力センターは、研究機関、大学の一部、学会など、WHOのプログラムを支援する活動を行うために事務局長によって指定された機関です。 現在、80 以上の加盟国や地域に 800 以上のWHO協力センターがあり、看護、労働保健、感染症、栄養、精神保健、非感染性疾患、保健医療技術などの分野でWHOと協力しています。

日本の「WHO協力センター」一覧表

(2022年4月28日現在)
 
WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中