WHOとは

世界保健機関(World Health Organization:WHO)は1948年4月7日に、すべての人々の健康を増進し保護するため互いに他の国々と協力する目的で設立されました。

WHO憲章において、健康の定義として、病気の有無ではなく、肉体的、精神的、社会的に満たされた状態にあることを掲げ、 人種、宗教、政治信条や経済的・社会的条件によって差別されることなく、最高水準の健康に恵まれることが基本的人権であると謳いました。

WHO本部があるのはスイスのジュネーブで、194の国と地域が加盟しています。世界各地に6つの地域事務局と約150か所のWHO事務所があり、職員数は7,000人を超えています。

WHOの仕事としては、新型コロナウイルスなどの感染症対策だけでなく、高血圧、肥満、がんなど多くの疾患に関する国際的なガイドラインなどを策定しています。「持続可能な開発目標(SDGs)」においては、だれもが必要な時に適切な医療を受けられるような仕組みづくりとしてユニバーサル・ヘルス・カバレージ(UHC)を提唱しています。

なお、WHO憲章がはじめて設定された4月7日を記念して、世界中で「世界保健デー」としてさまざまな健康のためのイベントが行われています。

WHO最新ニュース

2021.01.20
ニュースリリース
2021年の世界保健デーのテーマは『健康格差』
2021.01.20
WHO報告書
WHO独立委員会がWHOと中国の初期対応を批判
2021.01.20
ニュースリリース
WHOの今後のイベント情報
2021.01.18
ニュースリリース
世界保健総会、髄膜炎の予防と管理に関する決議を承認
2021.01.18
ニュースリリース
COVID-19に関する緊急委員会が開催
2021.01.18
ニュースリリース
WHO、フランスとのパートナーシップ強化

WHOはいつできたの

WHOはいつできたの

WHOの歴史と経緯をご紹介します

WHOは何をしているの

WHOは何をしているの

WHOの活動や取組みをご紹介します

WHOはどこにあるの

WHOはどこにあるの

WHOの組織や地域事務局をご案内します

SDGsとWHO

SDGsとWHO

幅広い健康への取組みを行っています

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中