青少年期:健康のリスクと解決策

重要事項

  • 2016年に10~19歳の若者110万人が死亡しました。毎日3000人以上が亡くなっていることになります。そのほとんどは予防や治療の可能な原因によるものです。
  • 交通事故死傷が2016年における若者の死亡原因のトップです。その他の主要な原因は、自殺、対人暴力、HIV/AIDS、下痢性疾患です。
  • 世界全体を見ると、15~19歳の少女1000人当たり44件の出産があります。
  • 成人の全精神疾患の半分は14歳までに発症していますが、ほとんどの場合発見されず治療を受けていません。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中