精神障がい

重要事項

  • 精神障がいには様々な種類があり、発現のタイプも様々です。一般的には、異常な思考、知覚、感情、行動や対人関係等の組合せによってそれぞれの特徴があります。
  • 精神障がいには、うつ病、双極性障害、統合失調症その他の精神疾病、認知症、知的障害や自閉症を含む発達障害があります。
  • うつ病のような精神障がいを予防するためには効果的な戦略があります。
  • 精神障がいには効果的な治療法と、精神障がいによる苦しみを軽減する方法があります。
  • 治療や社会的支援ができるヘルスケアや社会的サービスが利用できることが鍵になります。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中