緊急時のメンタルヘルス

重要事項

  • 緊急事態に遭遇した人々のほとんどは、心理的苦痛を経験します。ほとんどの人々は、時間とともに改善していきます。
  • 過去10年間の戦争や紛争の経験から、11人に1人(9%)が中等度または重度の精神障害を経験するとみられます。
  • 紛争地域に住む5人に1人(22%)は、うつ病、不安、外傷後ストレス障害、双極性障害、統合失調症を有すると推定されます。
  • うつ病は男性よりも女性に多くみられる傾向があります。
  • うつ病や不安は、高齢化が進むにつれて多くみられます。
  • 重度の精神障害を有する人々は、緊急時に特に脆弱であり、メンタルヘルスケアや基本的なニーズへの支援を必要とします。
  • 国際的な指針では、基本的サービスから診療まできめ細かいレベルのサービスが必要であるとしています。また保健対応の一環として、緊急時のメンタルヘルスの問題に対して、直ちにメンタルヘルスケアを利用できるようにする必要があるとしています。
  • 緊急事態は悲劇であり、メンタルヘルスへの悪影響があるがゆえに、必要なすべての人々のための持続可能なメンタルヘルスシステムを構築する機会であることを示しています。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中