緩和ケア

重要事項

  • 緩和ケアは、生命を脅かす疾病に関連して、肉体的であれ、社会心理的であれ、またスピリチュアルであれ、諸問題に直面している患者やその家族のクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を向上させます。
  • 毎年、推計4000万人が緩和ケアを必要としており、その内78%の人々は低・中所得国に住んでいます。
  • 世界中では、緩和ケアを必要とする人々のわずか14%がケアされているにすぎません。
  • モルヒネやその他主要な緩和の規制医薬品に対する過度に制限的な規制が、適切な疼痛緩和や緩和ケアへのアクセスを阻害しています。
  • 医療専門家の間での緩和ケアへの訓練と意識の欠如は、アクセスを改善する上での主たる障壁です。
  • 緩和ケアへの世界的ニーズは、非感染性疾患や人口高齢化の負担増の結果として、増大し続けるでしょう。
  • 早期の緩和ケアは、不必要な入院や医療サービス利用を減らすことが出来ます。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中