WHO最新ニュース

世界マラリア報告2021 : 昨年のマラリア患者数と死亡者数が増加

WHOが発表した「世界マラリア報告書 2021」によると、COVID-19パンデミックによりマラリアの医療サービスが妨げられ、患者数と死亡者数が著しく増加していることが明らかになりました。

2020年の世界のマラリア患者数は 2 億 4100 万人、マラリアによる死亡者数は 6 億 2700 人と推定されています。 これは、2019年と比較して、2020年の患者数が約 1,400 万人、死亡者数が約 6.9 万人増加したことになります。 この追加死亡者数の約 3 分の 2 ( 47,000 人) は、パンデミック時のマラリア予防 ・ 診断 ・ 治療の提供の中断によるものです。

サハラ以南のアフリカは、引き続き最も重いマラリアの負担を抱えており、2020年にはマラリアの全症例の約 95 % 、全死亡者の 96 % を占めています。この地域の死亡者の約 80 % は 5 歳以下の子どもたちです。

記事の詳細はWHOのウエブサイトをご覧ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中