シャーガス病(アメリカ・トリパノソーマ症)

重要事項

  • 世界中で約600万人から700万人が、主として中南米において、シャーガス病の原因となる寄生虫であるクルーズトリパノソーマに感染していると推定されています。
  • ベクター伝播による感染は、アメリカ大陸で発生しています。媒介昆虫は、サシガメであり、疾病を引き起こすクルーズトリパノソーマという寄生虫を運びます。
  • シャーガス病はかつて中南米を中心とする米州地域に完全に限局していましたが、過去数十年間に他の大陸に広がりました。
  • クルーズトリパノソーマの感染は、感染後すぐに開始すれば治癒させることができます。
  • 慢性期では、寄生虫の抗寄生虫治療で、疾病の進行を抑制することができ、予防することもできます。
  • 慢性的感染者の、最大30%は心臓の変調、10%は消化器系、神経系もしくは複合の変調をきたし、特別な治療が必要となることがあります
  • 中南米では、ベクター(媒介生物)対策がシャーガス病予防として最も有用な方法です。
  • 血液のスクリーニングは、輸血や臓器移植に伴う感染を予防するうえで不可欠です。
  • 出産可能年齢の女性の妊娠前および女児における感染症の診断と治療によって、先天性感染を予防できます。
  • 抗寄生虫治療歴のない感染した母親の新生児とその兄弟姉妹のスクリーニングが不可欠です。

本件ファクトシートについて、厚生労働省検疫所ホームページのこちらでは全文の日本語訳が公開されていますので、ご参照下さい(改訂前)

厚生労働省検疫所ホームページ:シャーガス病シャーガス病(アメリカトリパノソーマ症)について(ファクトシート)

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中