コレラ

重要事項

  • コレラは急性下痢性疾患で、治療せずに放置すると数時間以内に死に至ることがあります。
  • 研究者らは、毎年130万~400万例のコレラ症例があり、世界中でコレラによる死亡は21,000~143,000人と推定しています(1)。
  • 感染者のほとんどは無症状または軽度の症状を呈し、経口補液で治療に成功します。
  • 重症例では、静脈内輸液と抗生物質による迅速な治療が必要です。
  • 安全な水と衛生は、コレラや他の水系感染症の伝播を抑制するために重要です。
  • 安全な経口コレラワクチンは、コレラの集団発生をコントロールするため、およびコレラの高リスクが知られている地域での予防のために、水および衛生設備の改善と併せて使用すべきです。
  • 2017年には、コレラによる死亡を90%削減するという目標を掲げ、コレラ予防に関する世界的な戦略が立ち上げられました。

   

本件ファクトシートについては厚生労働省検疫所ホームページでも全文の日本語訳が公開されていますので、ご参照下さい。

厚生労働省検疫所ホームページ :コレラについて (ファクトシート)

[1] Updated global burden of cholera in endemic countries.  Ali M, Nelson AR, Lopez AL, Sack D. (2015). PLoS Negl Trop Dis 9(6): e0003832.  doi:10.1371/journal.pntd.0003832.

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4455997/

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中