緊急避妊

重要事項

  • 性交渉後5日以内の緊急避妊(EC)により、妊娠の95%以上を防ぐことができます。
  • ECは、避妊手段をとらない性交渉、避妊の失敗可能性が疑われる場合、避妊器具や薬の誤使用、及び避妊手段が取れていない状態での性的暴行などの状況で使用することができます。
  • 緊急避妊の方法には、銅含有の子宮内避妊具(IUDs)と緊急避妊薬(ECPs)があります。
  • 銅含有のIUDは緊急避妊として最も効果的です。
  • WHO推奨の緊急避妊薬の処方は、ウリプリスタル・アセテート、レボノルゲストレル、またはエチニールエストラジオールとレボノルゲストレルの混合経口避妊薬(COCs)です。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中