HIV/エイズ

重要事項

  • HIVは依然として世界的な公衆衛生上の大きな問題です。HIV感染者のうち、これまでのところ 3630 万人[ 2720 – 4780 万人 ]が生存していると見られています。
  • HIV感染症の治療法はありません。しかし、日和見感染症を含む効果的なHIV予防、診断、治療、ケアの普及につれて、HIV感染は管理可能な慢性的な健康状態となり、人々がHIVと共生して長く健康な生活を送ることが可能となりました。
  • 2020年末のHIV感染者は 3770 万人[ 3020 – 4510 万人 ]と推定され、そのうち 3 分の 2 以上 ( 2540 万人) がWHOアフリカ地域に住んでいます。
  • 2020年には、68 万人[ 48 – 100万人 ]がHIVによる原因で死亡し、150 万人[ 100 – 200 万人 ]がHIVに感染しました。
  • UNAIDSが新たに設定した世界の 95 – 95 – 95 目標を達成するためには、サハラ以南のアフリカにおけるHIV関連の超過死亡 50 万例という最悪のシナリオを回避するための努力、そしてCOVID-19によるHIVサービスの崩壊に伴うHIV感染の増加、HIVに対する公衆衛生上の対応の遅れに対する努力を倍加させる必要があります。

本件ファクトシートについては厚生労働省検疫所ホームページでも全文の日本語訳が公開されていますので、ご参照下さい(改訂前)

厚生労働省検疫所ホームページ :HIV/AIDSについて (ファクトシート)

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中