HIV/エイズ

重要事項

  • HIVは、これまでおよそ3,300万人以上の命を奪ってきた世界的な公衆衛生上の重大な問題であり続けています。しかし、日和見感染を含む効果的なHIV予防、診断、治療およびケアの普及が進むにつれ、HIV感染は管理可能な慢性健康状態となり、HIVと共存して長く健康的な生活を送ることが可能となっています。
  • 2019年末の時点でエイズと共生する人々は3800万人と推定されています。
  • HIV対策の国際的協調の努力の結果、HIV感染に対するサービスの普及率は着実に増加しています。2019年には、低・中所得国でHIVと共に生きる世界の成人の68%、子どもの53%が生涯服薬する抗レトロウイルス療法 (ART) を受けていました。
  • HIVと共に生きる妊婦や授乳中の女性の大多数(85%)はARTも受けており、これは彼らの健康を守るだけでなく、新生児へのHIV伝播を確実に防止します。
  • しかし、すべての人がHIV検査、治療、ケアを受けることができるわけではありません。特に、小児の新規HIV感染を40,000人まで減少させるという2018年のSuper-Fast-Track目標は達成できませんでした。2020年に向けたグローバル目標は、迅速な対応がなされない限り、不首尾に終わる危険性があります。
  • HIVサービスの格差により、2019年には69万人がHIV関連の原因で死亡し、170万人が新たに感染しました。
  • 2019年において、15~49歳の年齢層では、主な感染者とその性的パートナーが世界の新規HIV感染者全体の60%以上(推定62%)を占めていました。
  • 東ヨーロッパ・中央アジア、アジア・太平洋、西ヨーロッパ・中央ヨーロッパ、北アメリカ・中東と北アフリカでは、これらのグループがそれぞれの地域における新規HIV感染の95%以上を占めていました。
  • WHOは、鍵となる集団を、すべての国や地域で高いHIVリスクに直面する人々と定義しています。その集団は、男性とセックスする男性、薬物を注射する人、拘置所やその他の閉鎖された環境にいる人、セックスワーカーとその客、性転換者などです。
  • さらに、生活環境を考慮すると、ある一定の人々は特に脆弱であり、アフリカ南部および東部の思春期の女子や若い女性、一部のコミュニティの先住民など、HIV感染のリスクが高まっている可能性があります。
  • HIVに対する脆弱性の増大は、法的・社会的要因と関連していることが多く、それがリスクを増大させ、効果的で質の高い、手ごろなHIV予防・検査・治療サービスの普及を妨げる要因となっています。
  • HIV感染者の3分の2以上は、WHOアフリカ地域 (2,570万人) に住んでいます。この地域の一般人にHIVが蔓延している一方で、ハブとなる集団に新たな感染者が増加しています。
  • HIVは、検査のその日のうちに結果が得られる迅速診断検査によって診断することができます。HIV自己検査の利用は増加しており、医療機関などによるHIV検査を受けられない人々が検査を受けやすくする代替方法となっています。迅速検査と自己検査は診断と治療、ケアに大きく結びついています。
  • HIV感染症の治療法はありません。しかし、有効な抗レトロウイルス薬 (ARV) はウイルスを制御し、人への感染を防ぐのに役立ちます。
  • 2019年末には、HIV感染者の81%が自分の状態を知っていたと推定されています。全感染者の67%が抗レトロウイルス療法 (ART) を受けており、59%がHIVウイルスの抑制を達成しており、他者を感染させるリスクはなくなったと推定されています。
  • 2019年末には2540万人が抗レトロウイルス療法を受けていました。
  • 2000年から2019年までに、HIVの新規感染は39%低下し、死亡は51%減少し、1530万人が抗レトロウイルス療法で救命されました。この成果は市民社会及び国際的な開発パートナーの支援を受けたHIV国家プログラムによるものです。

本件ファクトシートについては厚生労働省検疫所ホームページでも全文の日本語訳が公開されていますので、ご参照下さい(改訂前)

厚生労働省検疫所ホームページ :HIV/AIDSについて (ファクトシート)

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中