リーシュマニア症

重要事項

  • リーシュマニア症には主に3つの種類があります。それらは内臓リーシュマニア症(カラアザールとも呼ばれ、最も重症化する)、皮膚リーシュマニア症(最も一般的)、および粘膜皮膚リーシュマニア症です。
  • リーシュマニア症は、原生生物のリーシュマニア寄生虫によって引き起こされ、感染した雌のサシチョウバエに咬まれることで伝染します。
  • 世界の最貧困層の人々がこの疾病に苦しめられています。栄養不良、住居の強制移動、粗末な住居、弱い免疫システム、貧しさなどが関係しています。
  • リーシュマニア症の伝播は、森林破壊、ダム建設、灌漑計画、都市化などの環境の変化とも連動しています。
  • 毎年新たに約70万から100万人が新規に感染しています。
  • リーシュマニア寄生虫に感染した人の中で、実際に発症するのはごく少数です。

   

本件ファクトシートについては厚生労働省検疫所ホームページの でも全文の日本語訳が公開されていますので、ご参照下さい(改定前)。

厚生労働省検疫所ホームページ :リーシュマニア症について (ファクトシート)

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中