狂犬病

重要事項

  • 狂犬病はワクチン接種で予防可能なウィルス性の疾病であり、150以上の国と地域で発生しています。
  • 犬は、ヒトへの狂犬病伝染の99%に関与し、狂犬病による死亡の主要な原因です。
  • 感染を断ち切るには犬へのワクチン接種や犬にかまれないようにすることです。
  • 狂犬病の感染により、主としてアジアとアフリカで、毎年何万人もの人々が死亡しています。
  • 世界的に狂犬病にかかるコストは8600億ドルと推定されています。
  • 狂犬病を疑われる動物に咬まれた人の40%は、15歳未満の子どもたちです。
  • 狂犬病を疑われる動物と接触後は、即座に傷口を石鹸と水で徹底的に洗浄することが決定的に重要であり、それにより救命できることがあります。
  • 地域社会の教育、啓発プログラムそしてワクチン接種キャンペーンを含め、多領域の関りとOne healthの協働が極めて重要です
  • WHOは「2030年までに犬が介在する狂犬病の死をゼロに」に向けて、狂犬病に対する結束を主導しています。

     

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中