子どもへの暴力

重要事項

  • 子どもへの暴力には、両親や介護者、仲間、恋愛相手、赤の他人を含めて、18歳未満の人々に対するあらゆる形の暴力が含まれます。
  • 世界では、過去1年間に、2~17歳の子どもたちの10億人が身体的、性的、感情的な暴力や無視などのイジメを経験していると推定されています (1)。
  • 子どもの時期の暴力体験は、生涯にわたる健康や幸福に影響を与えます。
  • 持続可能な開発目標(SDGs)2030年アジェンダの目標16.2は、「子どもに対する虐待、搾取、人身売買及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する」となっています。
  • 子どもへの暴力が予防可能であるということは、世界各地で実証されています。

出典

Hillis S, Mercy J, Amobi A, Kress H. Pediatrics 2016; 137(3): e20154079.

(1)
Global prevalence of past-year violence against children: a systematic review and minimum estimates.

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中