ヒ素

重要事項

  • ヒ素は、多くの国の地下水に高レベルで自然に存在しています。
  • ヒ素は、無機形態で高い毒性があります。
  • 汚染された水が飲料や食事の準備や食用農作物の灌漑に使用されると、ヒ素による公衆衛生上の最大の脅威となります。
  • 飲料水や食事からのヒ素の長期にわたる摂取は、がんや皮膚病変の原因となりうります。
  • また、心血管疾患や糖尿病にも関連しています。
  • 胎児や幼児期の曝露は認知機能発達への悪影響や若年成人の死亡増加に関係しています。
  • 汚染されたコミュニティーに対し最も効果的な対応策は、安全な水の供給を行うことによって更なるヒ素曝露を防ぐことです。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中