女性に対する暴力

重要事項

  • 女性に対する暴力、特に身近な関係にあるパートナーからの暴力や性的暴力は、公衆衛生における大きな問題であり、女性の人権侵害です。
  • WHOが発表した推計によると、世界の女性の約3分の1(30%)が、一生のうちに身体的・性的に近しいパートナーからの暴力や、あるいはパートナーでない人からの性的暴力を受けています。
  • この暴力の大半は身近な関係にあるパートナーからの暴力です。世界的に、パートナー関係にある15歳から49歳までの女性の約3分の1(27%)は、生涯のうちにパートナーからのなんらかの身体的又は性的暴力を経験したという報告があります。
  • 暴力は女性の身体的、精神的、性的、出産に関する健康に悪影響を及ぼすことがあり、場合によってはHIVに感染するリスクが増大する可能性もあります。
  • 女性に対する暴力は予防可能です。保健部門は、暴力を受けた女性に全面的な保健ケアを提供する重要な役割を果たしており、また、必要な他の支援サービスに被害女性を紹介する機能としても重要な役割を果たしています。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中