デング熱及び重症デング熱

重要事項

  • デング熱は蚊が媒介するウイルス感染症です。
  • デング熱をもたらすウイルスはデングウイルス (DENV) と呼ばれています。これには4つのセロタイプがあります。つまり4回感染する可能性があるということになります。
  • 多くのデングウイルスは感染しても軽度で、急性インフルエンザ様の症状をきたします。しかし時に致死的な重症デング熱となることがあります。
  • 重症デング熱はアジア、ラテンアメリカの一部の国で重篤な疾患で死亡の主要な原因となっています。病院で専門的な治療を受ける必要があります。
  • デング熱、重症デング熱には特別な治療法はありません。重症デング熱へ進展を早期に検知し、適切な医療施設で治療することで死亡率を1%未満に低減することができます。
  • デング熱は世界の熱帯および亜熱帯の都市部または準都市部に存在しています。
  • 近年、デング熱は急激に世界中に広がっています。世界人口の約半数が感染のリスクに曝されています。毎年1~4億人が感染していると推定されています。
  • デング熱の予防と制御はベクターを効果的にコントロールできる手段にかかっています。地域社会が持続的に努力することでベクター対策が大幅に改善されます。

本件ファクトシートについては厚生労働省検疫所ホームページでも全文の日本語訳が公開されていますので、ご参照下さい(改定前)。

厚生労働省検疫所ホームページ :デング熱及び重症デング 熱について (ファクトシート)

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中