リハビリテーション

重要事項

  • リリハビリテーションは、健康の促進、疾患の予防、治療および緩和ケアとともに、ユニバーサル・ヘルス・カバレージの必須部分となっています。
  • リハビリテーションは、小児、成人または高齢者が日常活動においてできるだけ自立し、教育、仕事、レクリエーション、および家族の世話など、生活上の有意義な役割を担う上で役立ちます。
  • 世界で現在、リハビリテーションの恩恵を受けて生活する人は約24億人と推定されています。
  • リハビリテーションの必要性は、世界人口の健康と特性の変化により増加すると予測されます。たとえば、人々の寿命は延びますが、その分多くの慢性的な病気や障害を抱えます。
  • 現在、リハビリテーションの需要はほとんど満たされていない状況です。一部の低・中所得国では、リハビリテーションを必要とする50%以上の人々が必要なサービスを受けることができていません。COVID-19パンデミックにより、60~70%の国でリハビリテーションサービスが途絶えています。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中