溺死

重要事項

  • 溺死は、世界中で意図しない傷害死の第3位の原因で、傷害に起因する死亡全体の7%を占めます。
  • 世界中で年間32万人が溺死していると推定されています。
  • 世界全体の溺死に関する推定値は実際の公衆衛生問題を著しく過小評価している可能性があります。
  • 溺死のリスクが最も高いのは、子ども、男性および水への機会が増加した人々です。
  • 溺れることは、水没や、浸かったりすることで呼吸障害を生じるプロセスであり、転帰は死亡、罹病および無病に分類されます。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中