ギラン・バレー症候群

重要事項

  • ギラン・バレー症候群(GBS)は、自己の免疫システムが末梢神経系を攻撃する稀な状態です。
  • 全ての年齢層で罹患する可能性ありますが、成人男性がより罹りやすいです。
  • ギラン・バレー症候群での最も重篤な症例でも、大半の患者は完全に回復します。
  • ギラン・バレー症候群の重篤な症例は稀でありますが、全身麻痺に近い状況を起こすことがあります。
  • ギラン・バレー症候群 は命を脅かす可能性があります。 ギラン・バレー症候群の患者には、治療と監視が必要であり、中には集中治療が必要な場合もあります。治療には、支持療法といくつかの免疫学的治療があるあります。

     

本件ファクトシートについては厚生労働省検疫所ホームページの でも全文の日本語訳が公開されていますので、ご参照下さい(改定前)。

厚生労働省検疫所ホームページ :ギラン・バレー症候群について (ファクトシート)

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中