D型肝炎

重要事項

  • D型肝炎ウイルス(HDV)は、増殖のためB型肝炎ウイルス(HBV)を必要とするウイルスです。HDVは、HBVと同時期にのみに感染し、それをHBDとの重複感染とも言います。
  • このウイルスの伝播は分娩時の母から出生児、また感染者の血液や体液との接触によって感染することが最も一般的です。
  • 母親から子どもへの垂直感染は稀にしか起こりません。
  • B 型肝炎ウイルス( HBV)の慢性感染者の少なくとも5%は、 D 型肝炎ウイルス( HDV )と同時感染しています。
  • モンゴル、モルドバ、アフリカ西・中央の国々がいくつかの HDV 感染流行地になっています。
  • HBV と HDV の重複感染は、薬物使用者、土着の人々、血液透析者で可能性が高くなっています。
  • 世界では、 1980 年代以降 HDV感染者の総数は減少しています。この減少傾向は主に HBV ワクチン接種プログラムが成功したことによるものです。
  • HDVと HBV の同時感染は、肝臓関連の死亡や肝細胞がんへの進行をより早くさせるために、慢性ウイルス性肝炎の最も重篤な病型と考えられています。
  • 現時点で、治療の成功率は一般的に低くなっています。
  • D型肝炎感染は、B型肝炎の予防接種により予防することができます。

     

本件ファクトシートについては厚生労働省検疫所ホームページの でも全文の日本語訳が公開されていますので、ご参照下さい(改定前)。

厚生労働省検疫所ホームページ :D型肝炎について (ファクトシート)

ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中