鉛中毒と健康

重要事項

  • 鉛は身体の種々の仕組みに影響を与え、とりわけ小さな子どもたちに有害な蓄積性の毒物である。
  • 体内の鉛は、脳、肝臓、腎臓や骨に分配される。それは、歯や骨に貯蔵され、時間をかけて蓄積される。人間の暴露量は通常血液内の鉛を計測することにより測定評価する。
  • 骨の中の鉛は、妊娠中には血液中に溶出し、生育途上の胎児への暴露の原因物質となる。
  • 安全とみなされる鉛暴露量のレベルは分かっていない。
  • 鉛中毒は、完全に予防可能である。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中