身体活動

重要事項

  • 身体活動によって、心臓、身体および心に大きな健康上の利益が得られます。
  • 身体活動は、心血管疾患、癌および糖尿病などの非伝染性疾患の予防および管理に貢献します。
  • 身体活動はうつ病や不安の症状を軽減します。
  • 身体活動は思考力、学習力、判断力を高めます。
  • 身体活動は、若者の健康な成長と発達を確実なものとします。
  • 身体活動は健康全般を改善します。
  • しかし世界の成人の4人に1人は身体活動の国際推奨レベルに達していません。
  • 世界の人びとがより活発になれば、年間最大500万人の死亡を回避することができるでしょう。
  • 活動性が不十分な人では、活動性が十分な人と比較して死亡リスクが20~30%高くなります
  • 世界の青年期人口の80%以上は身体活動を十分に行っていません。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中