ラドンと健康

重要事項

  • ラドンは、家庭や職場など室内環境で高濃度の存在が確認できる自然由来の放射性ガスです。
  • ラドンは肺癌の主要な原因の1つです。
  • ラドンは、平均ラドンレベルと喫煙率に応じて、肺癌の3~14%を引き起こすと推定されています。
  • 肺がんのリスクは、ラドンと喫煙の相乗効果により喫煙者の方が高くなっています。
  • 新しい建物へのラドンの侵入を防ぎ、既存の建物のラドンを減らすために、十分に確認され持続性のある費用効率の高い方法があります。
  • 室内のラドン濃度は小さなパッシブ型検出器で簡単に測定できます。
ⓒWorld Health Organization

文章は、日本WHO協会がWHOのメディアセンターより発信されているファクトシートのキーファクト部分について、2014年3月にWHO本部より付与された翻訳権に基づき作成したものです。ファクトシートには、訳出部分以外にも当該案件に関する基本的情報や詳細情報へのリンク先などが示されていますし、また最新事情に合わせて頻繁に見直しが行われますので、更新日時の確認を含めWHOホームページでの原文をご確認ください。

WHOインターンシップ支援
メールマガジン登録

刊行物(目で見るWHO)
賛助会員募集中